塗装工事 外壁・内壁

PAINT塗装工事

外壁

外壁の塗り替え塗装は、素地の荒れを修正し、上から塗る塗料の付着を良くする「下塗り」、パターン模様をつける「中塗り」、建物に色をつけ表面を保護する「上塗り」に大別されます。

下塗り塗料(微弾性下地調整材)

塗り替え塗装の仕上がりの良し悪しは、下地処理を適正に行うことにかかっています。下地調整材には、劣化により荒れた旧塗膜の段差をなくすためのフィラー機 能、上塗り塗料の付着性を向上し吸い込みむらを均一にするためのシーラー機能が求められます。
リフレッシュシステムで用いる微弾性下地調整材は、これらの シーラー機能およびフィラー機能と共に、素地に発生した微少なクラックに追従して塗膜表面へのワレの進行を防ぐ保護機能を併せ持った、目に見えないところ で力を発揮するまさに「縁の下の力持ち」です。

中塗り塗料(模様付け塗料)

旧 塗膜の模様パターンを変更する際や、リシンやスタッコを玉模様に変更する場合などに、吹付タイル(中塗り)などで模様付けを行います。旧塗膜のパターンを 生かす場合や、単層弾性による防水仕上げ(波模様パターン)の場合に中塗りは行いません。また、波模様パターン仕上げでは、微弾性下地調整材を下塗、中塗 兼用に用いたパターン付けも可能です。

遮熱・断熱塗料

真空に近いバルーンを配合した中塗り材はすぐれた遮熱・断熱効果を発揮し、冷暖房効果を高め省エネルギーに貢献します。また、内部結露を防止し、建材の劣化やカビの発生などの問題点も解決します。

上塗り塗料(仕上げ塗料)

上塗り塗料には、色をつけて、美観を与えると共に、それを維持するための耐久性などの機能が求められます。上塗り塗料は、耐候性によるグレード分けと単層弾 性塗料(防水仕上げ)、砂壁仕上げに分けられます。また、施工条件によっては、溶剤系塗料や溶剤系でもにおいの穏やか弱溶剤系の選択も可能です。

内壁

近年、全世界を取り巻く地球規模においてさまざまな環境問題が取り上げらておりますが、建築材料などに使用される 化学物質により室内空気汚染問題がクローズされるようになりました。これらの動きに対して塗料分野においても健康的な居住空間を形成するため室内環境対応 型低VOC塗料の商品開発を行ってきました。

VOCフリー塗料

水性の塗料は溶剤型塗料と比較して環境に対する安全性は極めて高いといえますが、凍結防止剤、造膜助剤といったVOC成分を含有せず、特殊な架橋型マンション樹脂を使用することにより、塗料自体を安定に保ち、かつすぐれた塗膜性能を発揮します。また、原料に極力においの少ないものを厳選して使用し、超低臭化をはかっていますから、居住中の室内で使用しても、においが気になりません。

光触媒に有害物質分解作業

光触媒と吸着剤の併用で、ホルムアルデヒドや各種悪臭等を吸着する機能があります。

キャンペーン

お知らせ

一覧へ

最新の施工例

マンション・ハイツのオーナー様へ

  • 塗装工事
  • よくあるご質問
  • スタッフブログ
外壁・屋根塗装のことなら 株式会社 RIRSIA

9:00~19:00(日祝休み)

0120-20-8901

WEBからのお問い合わせ

対応エリア

エリア外もご相談ください
西宮市、尼崎市、宝塚市、川西市、芦屋市、伊丹市、神戸市、姫路市、大阪市 その他

アルバイト募集情報
powered by ジョブセンス

Facebook

    ページトップへ